加古川GCでの練習場の改修 Practise shot renge renovation

ゴルフコース内の練習場をこれまでも幾つか作ってきました。

造りこむ上での注意点は以下の点です。

  1. 安全性の確保
  2. ショットの成否が分かり易いこと
  3. 収球がスムーズに出来ること 
  4. メンテナンスがし易いこと

改造内容

本計画は非常に高低差のある急斜面の中に作られるものとなり

切盛り土工は非常に厄介な工事となりました。

多少の残土は出ましたが概ねこの作業エリアの中でまとめ上げることが出来ました。

 

グリーン面積 270㎡ L93張芝

バンカー面積 150㎡ + 30㎡

 

 工事内訳

伐採工事

切盛り土工

グリーン・バンカーの築造

管理道路の切り替え

樹木の移植

岩掘削

排水工事

スプリンクラー設置 

 

バンカーマットはサンドロックマット

 優れた砂のずり落ち防止材です。

 

バンカーショットの打ち出し方向は高い法面方向で、ポットバンカーからグリーンに対しては

2m程度の打ち上げとし、メインのバンカーでは1m~1.7m程度の打ち上げです。

同時に3~4名が練習可能です。

アプローチショットは主にグリーンを長手方向に使うエリアを設けています。

 

本工事に当たっては、倶楽部の管理スタッフの皆様の絶大なる協力の元難工事は無事に完了しました。

計画平面図
計画平面図
About Me
About Me
Career
Career
Golf Course Design
Golf Course Design
Land Scape Design
Land Scape Design
デザインスケッチ集
デザインスケッチ集
ジオラマ
ジオラマ
コラム
コラム

お問い合わせ